作成者別アーカイブ: Matsumura

[新オフィス内装DIY] その2 フローリング作成

こんにちは。松村です。
先月1月末にオフィスを御茶ノ水に移し、時間を見つけては少しずつ内装工事を自分たちでしています。
内装工事などほぼ素人に近いのですが、今後ここをコワーキングスペースとショップとして開設していくにあたり、自分自身も心地いいと思う空間を作りたいので、できるだけ自分たちの手で手がけていこうということになりました。

またデザインを扱う会社として、こういった内装のデザインも半分仕事として取り組んでいます。
今回は第一弾として、フローリングについてです。

■ 完成した様子です。

多少ボコボコしていますが、上に机や本棚を置くとそんなに違和感はないです。
まっすぐにするにはこれを貼る前にさらに下に板を敷く必要があります。

floor1
今回は縦横を交互に並べて置いてみました。同じ板でも縦横が違うだけで光あたり方が随分変わります。

続きを読む

御茶ノ水に移転しました。

こんにちは。松村です。
1月19日にオフィスを四谷から御茶ノ水に移転しました。
新しいオフィスの住所はこちらになります。

101-0052
千代田区神田小川町3-5-3 神保町YMUビル2F

御茶ノ水オフィス

実は以前のオフィスである四谷に移転したのもそれほど古くはないのですが、ここ数年で子供が生まれたり、社員が転職したりといろんなことが重なり移転をすることにしました。
ちょうど今期が会社10期目ということもあり、10年も経てば社員のみならず自分自身の考え方も変わってくるのだなあとつくづく実感しています。

続きを読む

新講座「WordPress講座」を開設しました

こんにちは松村です。
「もっとほんきでJavaScript」に続き、「WordPress講座」を開設しました。

WordPressもJavaScriptと同様に案件で最近よく使う技術なのですが、
そのまま使うという事が少なく、毎回かなりカスタマイズして、
コーポレートサイトなどにも多く利用しています。

その際にテンプレートの内容を書き換えるのですが、
テンプレート内にはPHPもHTMLも書かれており、それに加えてCSSとの組み合わせも考えるなど、
それなりの技術レベルが必要だなと感じています。

この講座ではテンプレートを自分でコードを書いてカスタマイズし、
CMS機能をもったウェブサイトを作るという観点で作品を作っていきます。

講座詳細はこちらから
http://cshool.jp/course/wordpress

続きを読む

新講座「もっとほんきでJavaScript」開設しました

こんにちは。松村です。
4月から新しい講座「もっとほんきでJavaScript」を開設しました。

これは「ほんきでJavaScript」の上位コースになります。
「ほんきでJavaScript」はJSをまったく知らない人が一から始められるコースでしたが、
全8回で複数人開発やオブジェクト指向開発などを入れ込むのは難しく、
生徒のみなさんからも少なからず要望があったので開設しました。

通信周りをきちんと理解して組み立てたり、プロトタイプチェーンを使った開発手法を勉強し、
ウェブアプリを作っていきます。

講座詳細はこちらから
http://cshool.jp/course/motto_js

続きを読む

dotFes2014福岡が無事終了しました

こんにちは。松村です。
もう昨年のことになりますが、dotFes2014福岡が開催され、無事に終了しました。

九州芸工大

今回は不慣れな土地で、当日も毎年のごとく雨に降られ、入場者が少ないのではと懸念していましたが、当日券でもたくさんの方々が来ていただき、かなり盛り上がったのではないかと思います。

続きを読む

あけましておめでとうございます

こんにちは、松村です。
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

昨年の年末はdotFes2014福岡で燃焼してそのまま年越しに入ってしまい、1年の振り返りを出来ていませんでしたが、昨日やっとみんなで話ができ今年に向けていろんな目標が見えてきました。

昨年のオフィス移転から講座を拡大してきましたが、今年も継続して新たなコースを開設していこうと思っています。
また制作、学校事業共々、今年は自分たちのサービスを作って受託制作とは違った動きも展開予定です。

近々クスール受講生、関係者の方々との新年会も予定しており、またみなさんとお話ししたいと思っていますのでよろしくお願いいたします。

花園神社
今年の花園神社でのおみくじは大吉でした!

クスール学生塾 最終発表

こんにちは。松村です。

クスール学生塾の最終発表がありました。
全10回で終わらせるところだったのですが、なかなか作品の進捗が思わしくなく延長して11回まで延ばしました。

まずは松村から企画発表の説明。
松村説明

続きを読む